読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然LDHに沼った人のブログ

全箱推し。一人の男に絞れない女の戯言。

LDHグループ毎のライブ形式の違いについて

2017.02.09 EXILE THE SECONDの代々木体育館公演にいった日の夜に勢いで書いた文章です。
 
LDH沼のライブにきて驚いたこと
福利厚生の充実 ・ライブ会場に500円でできるガチャ玉があるんだけど、そこにちゃんと両替所がある(人力 ・さらに空カプセル捨て場もある。初回気づかず持って帰ってきてしまった。 ・一緒に歌ってほしい曲はビジョンに歌詞が表示される
グッズ ・フラッグ文化 ・フェルト文化 ・タオルを振る曲が必ず用意されてるのでタオルも買わざるを得ない ・ペンライト禁止(ペンライト不要、レーザーでペンラみたいな演出されてる)
オープニングムービー ・ライブの前にビジョンで流れるムービー  SECONDは筋肉、三代目は歴史、GENEはサーカス ・三代目は異常に長い ・途中もムービーがかなりある。その時が着席休憩ポイント
んでは、本日行ったSecondさんから。記憶がフレッシュなのでまだだいぶ覚えてるはず。
EXILE THE SECONDはEXILE Styleの円形センターステージから伸びる花道付き オープニングムービーは筋肉!筋肉!筋肉!鍛え上げられた肉体をこれでもかと見せてきて、フゥ〜!てなる。なった。 ステージも回って、いわば、メリーゴーランド。 衣装も肉体美が強調できる感じ。白シャツ白シャツ白シャツ(反芻)
途中、EXILEの歌を歌ってて、それEXILEじゃ。あ!そうか、彼らはEXILEなのだ。メンバー全員がEXILEだから、何もカバーでもなんでもないんだ、と気づく。 Choo Choo trainとかI WISHとか、ステージ全体で歌えるのがあってとてもよい一体感。ここちよい。
先輩らしく、後輩ちゃん(THE RAMPAGE)を引き連れてのライブ。後輩ちゃんと絡むのがとても楽しそう。見てて楽しい。 曲の演出はエロス多め、大人の男性感がハンパない。ひたすら悲鳴が聞こえてきたけど、私はずっと眺めていたかったです、女性ダンサーとのエロスな絡み。美しい。ひたすら美しかった。
将吉ソロのピアノ曲まで座るタイミングなし。他グループと違って途中のムービーがほぼないので座れないけど、ソロパートは静かに鑑賞。美しい。
ソロのダンスもちょいちょいあって良い。てちゃんのタップダンスとても良かった。
お衣装。 最初はワイルドにWWWの曲の衣装、途中でピンクのスーツ、あれすんげかわいい、Tシャツ破き芸からの半裸からの白シャツ、スパフラのスーツ、アメカジっぽい服、とかいろいろあってとても良かったです。かっこいい。
ご挨拶。 アンコール後、SSS歌って、その後スパフラ歌って、そのあとRAY歌って、RAYの間奏時にパフォーマーの挨拶。えー!このタイミングなんだ!てびっくりしました。 各パフォーマー、サポメンも出てきてみんなで歌って楽しく円形に消えて終了。
演出過多でまた記憶から抜け落ちてるところあると思うけど、とりあえずこんな感じで。
三代目は大阪京セラドーム行ってからちゃんと書きます。
三代目はドーム公演でステージのみ。花道なしだが、フロートあり。フロートが会場を回ります。エレクトリカルパレード。ステージにでかいビルみたいなのが建ってる。
とにかくオープニングムービーが10分超えの超大作だった。
7つの時代に生まれた男たち、みたいなコンセプト。 途中もムービーあり、結構長め。
これ7つの時代ストーリーが、NEO TOKYO OLYMPIC OPENING CEREMONYかな?て思った。
衣装と演出は大阪の後で。
ご挨拶。 アンコール、一曲終了後、みんなで出てきて1人ずつご挨拶、わちゃわちゃ。からの最終曲歌って終了。話してる時は特に音とかはなし。
最後にgenerations
generationsはSecondと同じくアリーナツアー。普通のステージ、花道もなし、ステージが半分坂道になってるくらい。
とにかくステージが狭いので、その中でいろんな演出をするべく小道具がたくさん出てくる。さながら舞台かな?ていう感じ。 スラム街っぽい街を作ったり、水はった舞台で踊ったり(最初はすべりまくりで危なくて途中からヤスリを敷いたらしい) 本公演ではボーカル2人で向かい合ってピアノ弾いて歌ったり、追加公演ではベンチに座りながら歌ったり、 あとスタンドマイクみたいなステッキマイク持ってみんなで踊ったり、とにかく1つのステージなのにいろんな演出、場面変換頑張っていました。 パフォーマータイムは一回だけ、それぞれソロもしくはサポメンと一緒にパフォーマンスタイム。
ムービーは一貫して同じテーマ。 怪盗GENEたちが街を走りまくり、宝物を盗んでいく、みたいなストーリー。最初から最後まで1つのストーリーで繋がってるから見てて面白い。 アンコール前は 本公演では掃除夫になったメンバーが一人一人演技、ハイローの話題を存分に出す演出。 追加公演ではGENE CINEMAと称して、今年公開の亜嵐出演のひるなかの流星と、涼太出演の兄に愛されて困っています、の予告編。
お衣装。 登場はジャニーズかな?みたいないわゆる、ちょっとよくわからない派手な衣装w途中でぴしっとした衣装だったんだけどそれが最高だった、メンバーによってアレンジされてて裕太のさー黒パンツ最高じゃない?(うるさい)てなった。
ご挨拶。 アンコール、アンコールムービー、ジェネシネマ予告編からの一曲、からのパフォーマーだけ出てきて挨拶。追加公演では、予告編の亜嵐のセリフ真似をするのがお決まり、あとメンディーをいじるのもお決まり。お決まりだけど、発言内容はそれぞれ違ったりする。
HIROさん、GENEのステージにも花道をください。。狭いステージで頑張ってます。 てか、みんなあのEXILE Styleの円形ステージがいい!!あれ最高だよ!!人数多いグループはセンターステージ最高!!
これ他のバンドのライブにいっている子にいって驚かれたんだけど、 セトリは基本変わりません。新曲発表とかあるとアンコールで歌ったりするんだけど、三代目に関してはそれもなし。ムービーとかもあるから、そのステージの演目は基本すべてどこの会場でも同じ。あとマイクはボーカルしか持ってないからパフォーマーはアンコール後の挨拶以外しゃべることは無し。ボーカルも最初の挨拶と煽り以外のMCは、ボーカルのみのお歌コーナーだけしかやりません。 曲目も同じ、曲もフルコーラスじゃないのもあるし、MCもほとんどなし。でも何回も行きたくなる。同じライブは2度とないんだよ! というわけで、どこかのグループに絞ることなく、3グループ追い続けると思います。
来週末は大阪京セラドームで三代目、再来週は三代目のライブビューイング、四月は青森でセカンド。GENEの今年のツアーの日程はよ!!