読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然LDHに沼った人のブログ

全箱推し。一人の男に絞れない女の戯言。

脱衣要員増える。

最近書いてなかったんですけど、

ジェネの新曲発表、三代目のJSBLの発表、ザラ発売、ランペ新曲発表、とね、立て続けすぎて無理でした(何が)。ザラはスマプラ対応様様で、すでに3周目です。ザラ最高。ザラは最高すぎるので、先におジェネの新曲を。

 

太陽も月も。

https://youtu.be/eAeETjZY-NM

 

ワールドツアー発表後、第一弾のシングルのタイトルが日本語だったのは予想外。え!?そこ、日本語くる!?sun and moonじゃないくて、太陽も月も!?

てなったわけですけど

もうね、そんなことどうでもいい。

MVはあの!メンバーがルームシェアしてた!あの!LAロケですよ!あれで撮ったんですよ!!

 

メンバーがルームシェアとは…

GENERATIONSのメンバー7人がLAでお仕事していた時に、部屋(家?)を2つ借りて過ごしていたんですねぇ。

年長組の、龍友、裕太、メンディーの家と、年少組の、亜嵐、涼太、隼、玲於の家がありまして、instaとトラモバに様子がちょくちょくupされてたやつです。

定点カメラで撮影したドキュメンタリーはまだですか!!

LAロケドキュメンタリーは次のアルバムにつくよね?ねぇ、つくよねぇ!?!?

と荒ぶる心を抑えて、いざ、太陽も月も、を鑑賞です。

 

 

 

なんだこれは。

90年代アニメ主題歌臭がいつにもましてすごい。あとアイドル臭がする。

 

作詞 小竹さん。いつもLDHと仲良し小竹さん。

作曲 Hikari, Hani, Dejo

このHIKARIさんがですね、ジャニによく曲を提供してる方なんですよ!だから!私が好きに決まってる!(日本語がおかしい)

 

 

寄くんのパンダサングラスの似合わなさ、と好対照な似合いすぎ龍友、ていうね、このツインボーカルが最高すぎる。

と、ついついボーカル贔屓なので、ボーカルに目がいってしまいますが、

 

佐野玲於

 

シャワー…

 

上裸にシャツ…

背中…筋肉…

 

上半身裸(勝手に略して上裸)にシャツ羽織るのは反則だって!セカンド兄さんのライブで言ったでしょ!!

 

GENERATIONSの裸要員はメンディーだけかと思ってました。違ったわ。

 

三代目も直己が裸要員かと思いきや、岩ちゃんも脱ぐよね。

 

あ、牛、覚えた。

KRUMP人は脱衣要員。

 

ねぇ、隼担当生きてる?

ベッドに寝て待つ隼とか大丈夫?永遠の孫なはずなのに、ベッドで寝て待つ肩幅でかい男とか大丈夫?

 

太陽と月、だから、明るい自分と暗い自分ていうコンセプトで2パターン登場してるんだけど、メンディーの月バージョンいいな、メンディーは暗い感じの強めがいいよ、明るすぎちゃうとバラエティ感でるんだよな、ちょっと俯いてるくらいがカッコ良い。

 

メンバー的には一番地味と思われる裕太ですけど!スタイルいいし、俯いてる視線がさー、いいよ。

龍友くんはちょい前髪伸びてる感で、それでセットされてるのいいよいいよー、と親戚のBBAみたいな感じで画面見ながらしゃべってた。

寄くんは途中、見下す視線あるでしょ!!あーーーあーー寄ーーあーー、てなった(意味不明)

亜嵐くんは、太陽の時の髪型が好き!とても良い!

 

て、私、視線と髪型しか言ってないね。あと、俯いてる視線大好物ですね、認めます。

 

はやくパフォーマーソロ部分見たい。発売がまだまだ先なの、はよ!!そして春フェス当たらなかったから、なかなか会えません!はやくツアー日程を出してください!!

 

最高です!なんで関東ローカルなんだよ!はやく全国放送してください!!キレ気味のGENERATIONS初冠番組については、また今度。

 

 

ツアーファイナルとグランツール最終日は似てる

ツアーファイナルという最終日

 

登坂車線を、とさかしゃせん、と呼んでしまう程度のLDH脳の筆者です。

 

毎年グランツールの最終日、
あぁ今年もジロが終わった、ツールが終わった、観戦しきった、という達成感とともに、明日の夜はテレビをつけてもレースがやってない、という喪失感に襲われる。
特にツールが終わると、ほぼシーズン終了のような感覚になり、最終日はテレビ中継の時間の関係もあって、翌日に有給休暇をとるぐらいだ。

 

DVD発売日に有給休暇を取得して見るってwwと笑っていたが、その気持ちが少しわかるような気がしている。

 

さて、タイトルにある通り、新しい趣味であるライブ観戦もツアーファイナルという最終日が存在する。

初めて参戦した時、あー!翌日も行きたい!という初めての感覚に襲われ、レースと違って毎回同じ内容…じゃないな!同じじゃない!同じライブは二度と訪れない!という発見をして感動した。
次はいつ行けるかなぁ、と日程とチケットを確認して取れそうだったらとれる、最終日はライブビューイングやってくれるだろう!という事前知識をもとに、次のライブを楽しみに行きていくのだ。

 

しかしツアーファイナルは次のライブがない。


そう、グランツールと同じ。


明日以降、日程とチケットを確認することもないし、公演がある日は必ず更新されてた舞台裏動画も静止画もない。そのツアーは終わりなのだ。

来年のグランツールはある。でもその選手が来年も出場できるとは限らない。
音楽グループも、来年もツアーがある人もいる、でもグループによっては来年のツアーがあるかわからない。

もうレースは見れないのか、もうライブは見れないのか、という寂しさと喪失感がとても良く似ている、と昨日感じた。

 

12月にツアーファイナルを迎えたGENERATIONS
途中、HiGH&LOW THE LIVEのため中断もあったが、4月から行ってきた2016 アリーナツアー SPEEDSTERが終わった。
私がLDHにハマり始めたのが10月で初参戦は11月末で、ライブビューイング参戦がファイナルの12/25で。たった2ヶ月ちょっとだったので、
あーもう一度見に行きたかったなぁ、来年もあるっぽいこと話してたけど、アリーナなのかな、どれくらい公演あるのかな、チケット取れやすいのかな?
くらい、知らないことだらけで、喪失感というほどでもなかった。


けれどTwitterのTLを見てると、
来年もGENEに会えるけど、もうSS(SPEEDSTERの略)のGENEには会えない。SSが終わってしまったー!朝からSSロス!といったような声が聞こえた。

ただここは福利厚生がしっかりしてるLDHさん、なんとツアーファイナル3日後に本公演(名古屋)を収録したLIVE DVD&Blu-rayが発売されたのだ。

 

12/25 ツアーファイナル(追加公演) in 新潟
12/28 DVD&Blu-ray発売
1/1 2017WORLD TOURとアリーナツアー開催決定のお知らせ

 

この一週間でこの流れ。なんなんだ。寂しさとはどこへやら、ツアーの日程を!ツアーの日程を!との声がTLからあがる。
私は旅行から帰国してBlu-rayを見て、あー本公演も行きたかったなぁ、またやらないかなぁ、いや今年もアリーナツアーやるんだ、でとSSはやらない、SSのGENEはもう二度と見れないんだ、と今さら喪失感を味わう。Blu-rayで何度も見ることはできるけれど、スポーツ観戦も過去の試合を振り返る癖があまりない私は、やはり生観戦を欲していた。

 

ツアーがあるのはわかった。でも場所も日程もわからない。
夏に発売されるアルバムを引っさげてのアリーナツアーだから夏からか?秋からか?WORLDてどこいくの?前回と同じならパリ、ロンドン、今回こそロサンゼルス、ニューヨーク?台北と香港はあるな、で日程は?

 

ツール・ド・フランスが開催されるのはわかってる!誰が!誰が出るの!!状態である。
日程とコースの発表が開催前年の10月にあるのは非常にありがたいな、と思った。
最近、自転車に比べて、パスポートいらない!翻訳いらない!最高!とばかり言っていたが、コースと日程に関しては、ありがとうツール、旅行日程と飛行機と宿抑えは早くできる。ま、どの選手が出場するかはギリギリまで、わからないけどね。

 

そして昨日ツアーファイナル(札幌振替除く)を迎えた三代目J Soul BrothersのMetropoliz(略してMP)。
SSと違ってツアー初日から4ヶ月ずっと追ってきて、12月福岡に初参戦し、クリスマスの例の事件を乗り越え、年が明けて追加公演が始まり、大阪にも参戦し、LVも二回参戦した。
SSより参戦してきたし、チェックしてきた、思い入れは強いはずなのに、そこまで喪失感がなかった。
札幌振替があるからか?今年の冬にMP続編ドームツアーがあるってわかってるからか?

 

三代目は出場確実視されているプロチームであり、スター選手なのである。
よし、来年もある、今年の感じからするとナゴヤドームならチケットは確実に取れる!行けるぞ!みたいな感覚なのである。札幌も行きたいしな。
GENERATIONSはプロコンチチームのスター選手なのである。まだ売り出し中の彼ら、出場はするだろう、の予測の元、来年もツアーあるよね、という安心感はあるけれど、チーム移籍かな?みたいな不安があるレベル(自転車知らない人にはなんのこっちゃ)みたいな感覚なんですよ!!
EXILE THE SECONDは、ベテランだから、いつ引退する時期があってもいい選手、だから今!見れる時に!見ておかなきゃ!感が強い。特に来年はEXILEが復活する年だから、ベテランとしてプロコンチチームに所属し、その安定感のある走りに魅力されたけれど、最後は古巣のプロチームに戻ってエースのアシストをするような(うん、わからん)。


そう、だから
きっと参戦数は少ないけれど、SECONDのツアーファイナル時の喪失感はすごいんじゃないかな、て思う。特に昔から追ってたファンは、やっと!単独ツアー!やったー!でも終わる…そして来年は大本営EXILEだよね?単独やるのかな?大丈夫かな?もしかしたら最初の最後とかやめてね、みたいな不安感に襲われるんじゃなかろうか、と。

 

スター選手が好きな時代もあった。来年のツールは勝つぞ!(チームが出場することも選手として出場することもほぼ確実)ていう気持ちで、今年負けた悔しさを晴らすぞー!と一年待つのだ。引退はいつか訪れる、それはスポーツ選手にとって宿命であり、覚悟はしてる、けれどスター選手として一番輝いてる時ってそんなこと思いもしなかった。


新人選手は出場できるかわかんないけど、出場できなかったら、チーム移籍とかもあるけれど、来年もまた出場したいよね、そのために小さなレースもコツコツと。そしてツールに出場できるように応援する。
単独イベントてなかなかないから、単独じゃない音楽イベントを見に行って満たされ、そして彼らがドームに行けるように応援する。似たような構図だと思ってる。


ベテラン選手は言わずもがな。チームは出場する、けれどアシストだから活躍するかわからない。今は彼のためのチームじゃないのだ、逃げ集団に入って活躍することもある、歌うことも通常はない、けれどたまに歌える。それって、でもエースとして活躍してきた経験があるからこそできるものなのかな、思える。SECONDのvocalはエースになった、と言えるのだろうか。

 

いつか終わりはくる。


昨日のMPの挨拶で臣ちゃんが言ってた。
それは祖父が亡くなったていうのがあっての発言だよね、てTL上では言ってたけど、完全に自転車と相まって拗らせている私は
本当にいつか終わりはくる。
て思ってる。引退も解散もある。
MPの札幌振替も続編もある。けれど、いつか見れなくなるその日が来ることを覚悟して、全力でライブ参戦していきたいと思う。


長い間ファンをやっていると、新人、そしてエース、そしてベテランとしてのアシスト、そして引退。全部見てきた選手がいるけれど、彼の引退ほど辛かったものはなかった。そして空いてしまった穴を埋めるかのように、新しい選手、いや、趣味に没頭する毎日である。

Are you happy?という問いに対する回答

週末、三代目の京セラドーム公演に行きました。内容とかは後で書きますね。情報過多で私、結構意識飛んでたわ。福岡のことぶっ飛んでた。

 

では、タイトルにあります通り、

三代目の新曲「HAPPY」のMVが朝4時に解禁されましたね。

 

4時てなに。Secondのスパフラも4時だったけど、なんなの、寝不足させる気なの?起きれるわけないでしょ!!

と言いながらいつもより早寝したけれど、大阪の疲れが抜けなくて結局いつもの時間に起きたよね。

後で知ったんだけど、プライムタイムとかだとアクセスが集中しすぎて負荷がかかるから、早朝らしいと。。ま、たしかに。そうですな。

 

噂によると1920年代のアメリカ?レトロアメリカン?仮装????

 

はい、URLどん。

https://youtu.be/KahN0yJU1Wo

 

隆二!サングラスとった!!勝利!!

我々は勝利したぞ!!WTTでなかなかとらないサングラスにやきもきしたあれが!またくると覚悟した瞬間、とった!!!とりましたーーーー!

 

もうなんつーか、バカじゃないの華麗なるギャツビーなの、1920代てギャツビーじゃん、なんなの、隆二全身レオパードなの!サングラスとった!大勝利!NAOTOさん蝶ネクタイありがとーー!Are you happy ? Yes I'm happy ! ていう朝を迎えました。最高か。

 

岩田剛典は岩田剛典だし、片眉あげるの反則、はいイエローカード。3枚出されたら退場ね、ていうルールがお前には適用されないのか!反則技みたいな笑顔ばかりだったぞ!!くそー!美しい!かわいい!ズルい!岩田剛典ーーー!(褒めてます)

 

最近、岩田剛典バリにあざとくなってませんか、ELLYさん。ねぇ、あなた、ねぇ、女を弄ぶのもいい加減、あぁああああああ!(TL情報から、ELLYちゃんが女をベッドに倒す映像が手に入る)悪い子だ。。あんなにライブではバブいのに。なんなの。最近。こわいよ、母は。どんどん小悪魔大天使になっていくあなたが怖いよ(お前が怖い)

 

ハム!ハム!ハム!

蝶ネクタイていう選択肢に衣装考えた人にハム!て思ったけど、そもそもNAOTOは自分で衣装選んでるに決まってる!!BORN in見てそう思ったもん!はー、ボインのさー、NAOTOと隆二のやりとりなんなの、パジャマでおじゃまなの(また言ってる)。ジャケットの色合いもピンクがかってて良い!!!NAOTOママかわいい!

 

臣隆が並んで座ってるところ、なんなの、王様なの、どこかの富豪なの、何か見定めしてるの、なんなの、品定めしてんの!されてんの!なんなの!最高!!てなった。。。(息切れ)

 

健二郎と直己さんに言及しなきゃ、と思ってるんだけど、もう息切れですよ。本当はロサンゼルスの大豪邸についても言いたいし、いろいろ、はぁ…(疲)フルver.見たい。はやく。歌詞もはやく全文出してください。

 

あと、なんで仮装て言われてたかちょっとわかった。dress up ballroomをイメージしたらしく、dress upていう単語を「仮装」て訳してたんだ。これは仮装じゃなくて正装ていうか、おしゃれする、着飾るってる感じがするんだよなぁ。パーティのためにキメッキメにするのは今のアメリカもだよー!日本ももっとどんどん着飾って!

着飾るメンバーたち最高!!キメキメ衣装大好物です!だからパリコレも最高だったよね!!隆二のスタイルの良さはなんなの、もうやだ、無理、うつくしい。

 

横顔美しい男子大好き!

スパフラに続き、HAPPYも最高of最高でした。

はやくフルver.見せてください。隆二と小竹さん共作の歌詞も全文見せてください!

 

 

小竹さんでしょ、しかも最初にタイトルの最後に「?」てついてたでしょ、いつの間にか消えてたけど、だからね、私、本当はHAPPYじゃないんだよね、ていう闇を感じてる。

(突然の妄想が始まる)

だって歌詞がネガティブて言葉から始まるし、

なんだかんだ、て歌詞に、本当は違うけど、まぁなんだかんだ、

いや、本当は

闇があるんだよね?

つらいんだよね?

 

隆二の目が覚めたら、あのHAPPY partyは夢だったんだって気づくんだよね?

 

だから次作はUnfair worldみたいな曲がくるんですよね、わかります(勝手に締める

無理しなくていいんだよ

Are you happy ?

Yes I'm happy.

No I'm not happy.

 

https://youtu.be/KahN0yJU1Wo

LDHグループ毎のライブ形式の違いについて

2017.02.09 EXILE THE SECONDの代々木体育館公演にいった日の夜に勢いで書いた文章です。
 
LDH沼のライブにきて驚いたこと
福利厚生の充実 ・ライブ会場に500円でできるガチャ玉があるんだけど、そこにちゃんと両替所がある(人力 ・さらに空カプセル捨て場もある。初回気づかず持って帰ってきてしまった。 ・一緒に歌ってほしい曲はビジョンに歌詞が表示される
グッズ ・フラッグ文化 ・フェルト文化 ・タオルを振る曲が必ず用意されてるのでタオルも買わざるを得ない ・ペンライト禁止(ペンライト不要、レーザーでペンラみたいな演出されてる)
オープニングムービー ・ライブの前にビジョンで流れるムービー  SECONDは筋肉、三代目は歴史、GENEはサーカス ・三代目は異常に長い ・途中もムービーがかなりある。その時が着席休憩ポイント
んでは、本日行ったSecondさんから。記憶がフレッシュなのでまだだいぶ覚えてるはず。
EXILE THE SECONDはEXILE Styleの円形センターステージから伸びる花道付き オープニングムービーは筋肉!筋肉!筋肉!鍛え上げられた肉体をこれでもかと見せてきて、フゥ〜!てなる。なった。 ステージも回って、いわば、メリーゴーランド。 衣装も肉体美が強調できる感じ。白シャツ白シャツ白シャツ(反芻)
途中、EXILEの歌を歌ってて、それEXILEじゃ。あ!そうか、彼らはEXILEなのだ。メンバー全員がEXILEだから、何もカバーでもなんでもないんだ、と気づく。 Choo Choo trainとかI WISHとか、ステージ全体で歌えるのがあってとてもよい一体感。ここちよい。
先輩らしく、後輩ちゃん(THE RAMPAGE)を引き連れてのライブ。後輩ちゃんと絡むのがとても楽しそう。見てて楽しい。 曲の演出はエロス多め、大人の男性感がハンパない。ひたすら悲鳴が聞こえてきたけど、私はずっと眺めていたかったです、女性ダンサーとのエロスな絡み。美しい。ひたすら美しかった。
将吉ソロのピアノ曲まで座るタイミングなし。他グループと違って途中のムービーがほぼないので座れないけど、ソロパートは静かに鑑賞。美しい。
ソロのダンスもちょいちょいあって良い。てちゃんのタップダンスとても良かった。
お衣装。 最初はワイルドにWWWの曲の衣装、途中でピンクのスーツ、あれすんげかわいい、Tシャツ破き芸からの半裸からの白シャツ、スパフラのスーツ、アメカジっぽい服、とかいろいろあってとても良かったです。かっこいい。
ご挨拶。 アンコール後、SSS歌って、その後スパフラ歌って、そのあとRAY歌って、RAYの間奏時にパフォーマーの挨拶。えー!このタイミングなんだ!てびっくりしました。 各パフォーマー、サポメンも出てきてみんなで歌って楽しく円形に消えて終了。
演出過多でまた記憶から抜け落ちてるところあると思うけど、とりあえずこんな感じで。
三代目は大阪京セラドーム行ってからちゃんと書きます。
三代目はドーム公演でステージのみ。花道なしだが、フロートあり。フロートが会場を回ります。エレクトリカルパレード。ステージにでかいビルみたいなのが建ってる。
とにかくオープニングムービーが10分超えの超大作だった。
7つの時代に生まれた男たち、みたいなコンセプト。 途中もムービーあり、結構長め。
これ7つの時代ストーリーが、NEO TOKYO OLYMPIC OPENING CEREMONYかな?て思った。
衣装と演出は大阪の後で。
ご挨拶。 アンコール、一曲終了後、みんなで出てきて1人ずつご挨拶、わちゃわちゃ。からの最終曲歌って終了。話してる時は特に音とかはなし。
最後にgenerations
generationsはSecondと同じくアリーナツアー。普通のステージ、花道もなし、ステージが半分坂道になってるくらい。
とにかくステージが狭いので、その中でいろんな演出をするべく小道具がたくさん出てくる。さながら舞台かな?ていう感じ。 スラム街っぽい街を作ったり、水はった舞台で踊ったり(最初はすべりまくりで危なくて途中からヤスリを敷いたらしい) 本公演ではボーカル2人で向かい合ってピアノ弾いて歌ったり、追加公演ではベンチに座りながら歌ったり、 あとスタンドマイクみたいなステッキマイク持ってみんなで踊ったり、とにかく1つのステージなのにいろんな演出、場面変換頑張っていました。 パフォーマータイムは一回だけ、それぞれソロもしくはサポメンと一緒にパフォーマンスタイム。
ムービーは一貫して同じテーマ。 怪盗GENEたちが街を走りまくり、宝物を盗んでいく、みたいなストーリー。最初から最後まで1つのストーリーで繋がってるから見てて面白い。 アンコール前は 本公演では掃除夫になったメンバーが一人一人演技、ハイローの話題を存分に出す演出。 追加公演ではGENE CINEMAと称して、今年公開の亜嵐出演のひるなかの流星と、涼太出演の兄に愛されて困っています、の予告編。
お衣装。 登場はジャニーズかな?みたいないわゆる、ちょっとよくわからない派手な衣装w途中でぴしっとした衣装だったんだけどそれが最高だった、メンバーによってアレンジされてて裕太のさー黒パンツ最高じゃない?(うるさい)てなった。
ご挨拶。 アンコール、アンコールムービー、ジェネシネマ予告編からの一曲、からのパフォーマーだけ出てきて挨拶。追加公演では、予告編の亜嵐のセリフ真似をするのがお決まり、あとメンディーをいじるのもお決まり。お決まりだけど、発言内容はそれぞれ違ったりする。
HIROさん、GENEのステージにも花道をください。。狭いステージで頑張ってます。 てか、みんなあのEXILE Styleの円形ステージがいい!!あれ最高だよ!!人数多いグループはセンターステージ最高!!
これ他のバンドのライブにいっている子にいって驚かれたんだけど、 セトリは基本変わりません。新曲発表とかあるとアンコールで歌ったりするんだけど、三代目に関してはそれもなし。ムービーとかもあるから、そのステージの演目は基本すべてどこの会場でも同じ。あとマイクはボーカルしか持ってないからパフォーマーはアンコール後の挨拶以外しゃべることは無し。ボーカルも最初の挨拶と煽り以外のMCは、ボーカルのみのお歌コーナーだけしかやりません。 曲目も同じ、曲もフルコーラスじゃないのもあるし、MCもほとんどなし。でも何回も行きたくなる。同じライブは2度とないんだよ! というわけで、どこかのグループに絞ることなく、3グループ追い続けると思います。
来週末は大阪京セラドームで三代目、再来週は三代目のライブビューイング、四月は青森でセカンド。GENEの今年のツアーの日程はよ!!

LDHに関する情報吸収力について (HIGHER GROUNDのMVを参考に)

いつもFBにかいてたんですけど、そもそもブログのほうがよくない?
って気づいたので解説しました。

今までFBにかいてたものも徐々に移行していこう。

【前説】

アホみたいなことを真面目に語るみたいなタイトルですが、アホみたいなことを書きます。
そしてとんでもなく長文です。ま、引けばいい。
なんか最近、よくLDHLDHっていってるけど、EXILEとどう違うの?ていうか、今EXILEって何人なの?みたいな人はこれを読めばちょっとわかるかもしれない。読む気にならないくらい長いと思うけど。

物事を知ると全部知りたくなるこの性格は、仕事でも役に立っていますが、趣味となると集中力が違いますね。

【解説1】
普段、「ハイグラ」と言っている曲、正しくは「 HIGHER GROUND feat.Dimitri Vegas&Like Mike 」です。

 HiGH&LOW(いわゆる「ハイロー」)のテーマソング。
 EXILE TRIBE総出演といっても過言ではない人数過多の曲。MVは目まぐるしくメンバー変換をするので目で追えない。ボーカルは7名です。ちなみにfeat.の「Dimitri Vegas&Like Mike」はEDM界で有名な二人組です(知らん)。

ハイグラのMVはこちらをご覧ください(フルver.じゃないけど) https://www.youtube.com/watch?v=wK2...

【解説2】
歌手名は「 EXILE TRIBE 」です。
 EXILE TRIBEとは、EXILEをはじめとした同グループの派生グループ、弟分グループなど関連アーティストの総称。

 最近のグループ名が、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」とか「GENERATIONS from EXILE TRIBE」とか「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」っていうとんでもなく長い名前になっているのは、こういう理由です。
 ちなみに「EXILE THE SECOND」にはつきません。

【沼る前のメンバー知識】

さてタイトルにある「吸収力」とはなんぞや、とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
そうです、私がLDHに沼る前の知識量と、2ヶ月経過した12月頃の知識量の違いを、HIGHER GROUNDという曲のMVを使って表したいな、と思います。

多少なりともEXILEに関する知識があったので、それなりにメンバーは知っていましたが、この程度です。

顔と名前が一致する人
・HIRO(踊ってる人・社長・上戸彩の夫)
・ATSUSHI(EXILEの歌ってる坊主でサングラスの人)
・USA(踊ってる人、見た目怖くない人)
・MAKIDAI(踊ってる人、朝の番組でてる人)
・MATSU(踊ってる人、何かのドラマですんげ怖い役やってた)
-----ここまではHIGHER GROUNDのMVに出演していません。踊る人としては卒業組
・TAKAHIRO(EXILEの歌ってるかわいい方、オーディションで受かった人、ハイロー雨宮兄弟の兄)
AKIRA(踊ってる人、ハイローの琥珀さん)
・NESMITH(ASAYANにでてた人、今踊ってる人?)
・SHOKICHI(踊ってる人、たまに歌うたう?)
・メンディー(踊ってる人、たまにTVのバラエティでてる)
-----ここまでEXILE
・岩ちゃん(踊ってる人、いわゆる「がんちゃん」。慶応卒の子。ハイローのコブラ。)
・ELLY(踊ってる人、三代目の外国人枠だ。ハイローのICE。)
・今市くん(歌ってる人、オーディションで受かった人、オーディション見ててその時から好き)
・登坂くん(歌ってる人、今市くんじゃない方。ハイローの雨宮兄弟の弟。)
-----ここまで三代目JSB

以上です!実はオリジナルメンバー(オリメン)は全員知っているのである。

これに漏れてるメンバーは顔だけ知ってたり…ハイローでてる人だ…くらいで
HIGHER GROUNDに出演しているので顔と名前が一致するのは7名のみ(一部フルネームじゃない人もいる)。案外7人も知ってたんだな。でもハイローに出てるのは5人。

特に今ドハマリしているGENERATIONSはメンディー以外知らない。
てか、メンディーはEXILEの人のイメージがあって、GENERATIONSというグループは知らない。
三代目のNAOTOと小林直己は、「なおと」と「なおき」でどっちがどっちかわかんない。
横須賀に至っては顔知ってるかも?程度という。ハイローでケンチ(二階堂役)見た時はLDHの人じゃないと思っていたからね!

ていう人が見たHIGHER GROUNDの感想。

ハイグラのMVはこちらをご覧ください(フルver.じゃないけど)2回目
https://www.youtube.com/watch?v=wK2...
前奏前
23人一回ずつ登場します。
開始1分で人多すぎ問題にぶちあたる。

1.キャー琥珀サーン
2.岩ちゃん映った?今映った?
3.ねぇ人おおすぎじゃない
4.今市クーン
5.だれ、ねぇだれ
6.ねぇ人おおすぎじゃない(2回目)
7.あ!この人知ってる!(ネスとSHOKICHIの流れ)
8.誰この好きな声(のちに数原龍友とわかる)
9.誰このジャニーズみたいな子(のちに片寄涼太とわかる)
10.ねぇ人おおすぎじゃない(3回目)
11.声も聞き分けられない
12.ねぇ人おおすぎじゃない(4回目)
13.あ!エリーちゃん!なんか周りにワラワラいる
14.ねぇ人おおすぎじゃない(5回目)
15.人…おおい…
16.見分けられない
17.岩ちゃんどこ…
18.しゅーりょー

とにかく人が多すぎ、場面変わりすぎて見分けられない。
自転車で培った人を見分ける術を使うも、そもそも人がわからない。


そして今の私

【沼った後のメンバー知識】

実際、HIGHER GROUNDに出演しているメンバーは23名
EXILE兼任してる人は元グループに記載しています
※名前の前の「V」がボーカル、「P」がパフォーマー(踊ってる人)です。
※名前の後ろに「(H)」とある人はハイローに出演してる人です

EXILE
V・TAKAHIRO(H)
P・AKIRA ※SECOND兼任(H)
P・佐藤大樹(H)
P・世界

EXILE THE SECOND ※全員EXILE兼任
P・橘ケンチ(H)
P・TETSUYA
P・黒木啓司(H)
V・SHOKICHI
V・NESMITH

三代目JSB
P・NAOTO ※EXILE兼任
P・小林直己EXILE兼任
P・山下健二郎(H)
P・ELLY(H)
P・岩田剛典 ※EXILE兼任(H)
V・今市隆二
V・登坂広臣(H)

GENERATIONS
P・白濱亜嵐(H) ※EXILE兼任
P・中務裕太
P・関口メンディー ※EXILE兼任
P・佐野玲於(H)
P・小森隼
V・数原龍友
V・片寄涼太

そう、23名なのです。もはやWikipediaも見なくて漢字とかわかる辺り病気だな、って思いました。
ちなみに年齢はふわっとしかわからないけれど、地理好きなので出身県は全員覚えています(病というより中毒)。
長崎・神奈川・埼玉・神奈川・神奈川・神奈川・宮崎・北海道・熊本・埼玉・千葉・京都・青森・愛知・神奈川(京都)・東京・愛媛・大阪・東京・東京・三重・兵庫・大阪、ほらね、気持ち悪いでしょ?「神奈川(京都)」のところは、出生地は京都だけど育ちは神奈川ってやつです。ほら、ますます気持ち悪いでしょ?

本題に戻りましょう。

以下にHIGHER GROUNDの歌詞を掲載します。
LDHを全部知った今、どのように認識しているか
歌詞の前の
『』内がボーカルの名前、
《》内がMVにソロで写ってる人の名前
 ※歌ってるボーカルが映っている場合は《〃》を記します。


ハイグラのMVはこちらをご覧ください(フルver.じゃないけど)3回目 https://www.youtube.com/watch?v=wK2...

【集大成がこれ】

(前奏)

紹介のような感じで一人一人出てくる。

AKIRA→TAKAHIRO→広臣→岩田→亜嵐→啓司→SHOKICHI→隆二→ケンチ→TAKAHIRO→TETSUYA→世界→大樹
隆二→玲於→健二郎→裕太→涼太
広臣→NAOTO→NESMITH→ELLY→SHOKICHI→NESMITH→SHOKICHI→TAKAHIRO→隼→メンディー→龍友→直己


『隆二』《〃》鮮烈に連なる記憶 呼び起こす through my soul
『隆二』《啓司》幾度となく繰り返す葛藤
『広臣』《〃》ピンと張り詰めてる空気 切り裂き through the storm
『広臣』《NAOTO》覚悟決め 飛び込んでく battle

『NESMITH』《世界》このPRIDE(おもい)かたち作るヒストリー
『TAKAHIRO』《亜嵐》誰にも譲れない
『SHOKICHI』《裕太》運命を信じて
『SHOKICHI』《TETSUYA》踏み出してゆく

《全員》(higher)
『龍友』《TETSUYA》更にもっと高みへ
『SHOKICHI』《〃》(higher)
『涼太』《全員》鼓動もっと響かして
《全員》(higher)

『広臣』《ケンチ》we're gonna take you
《ケンチ》(higher)
《玲於》we're gonna take you
《玲於》higher
『』《》we're gonna take you higher…

※サビはソロ映像以外全部ステージ
『TAKAHIRO』壁 破って 起(た)ち上がれ
『隆二』翔(か)け上がる like a phoenix rising
『SHOKICHI』自分次第で すべて変わる
『広臣』《岩田》呼び覚ませ gonna make it louder
『NESMITH』抱え込んだ one wish 繋いでゆけ one love
『龍友』every day, every night
『涼太』書き換えてく limit
『隆二』偽りのない
『広臣』揺るがぬ意志で
『TAKAHIRO』届くまで gonna take you higher

AKIRA
《NAOTO》
《TAKAHIRO》
《広臣》
《NESMITH》
《NAOTO》

『TAKAHIRO』《裕太》見渡せば残像だけ 流れてく現実(リアル)
『涼太』《健二郎》魂(いのち)さえ 純然と瞬(またた)く
『NESMITH』《メンディー》こんな場所に生きる意味 見出(みいだ)す all for one
『龍友』《直己》行きつく果てまで go all the way

『広臣』《隼》傷を負う誰もが気付く
『SHOKICHI』《隼》桁外(けたはず)れの願いも
『隆二』《大樹》《世界》共に抱けば強く輝く
《隆二》

※サビはソロ映像以外全部ステージ
『広臣』壁 破って 起(た)ち上がれ
『龍友』翔(か)け上がる like a phoenix rising
『隆二』《啓司》自分次第で すべて変わる
『涼太』呼び覚ませ gonna make it louder
『TAKAHIRO』抱え込んだ one wish 繋いでゆけ one love
『SHOKICHI』every day, every night
『NESMITH』書き換えてく limit《隼と裕太のバク転》
『広臣』偽りのない 揺るがぬ意志で
『隆二』届くまで gonna take you higher

『TAKAHIRO』《〃》痛みを知るからこそ
『隆二』《〃》優しくなれる
『広臣』《〃》まだ見ぬ地へ行ける higher

『ELLY』《NAOTO/直己/岩田/健二郎》目 見れば一目瞭然 輝く 琥珀のようだ
《TETSUYA》
『ELLY』《NAOTO/直己/岩田/健二郎》 turn my music high high このままfly high

『ELLY』《亜嵐/玲於/裕太/隼/メンディー》kingとking ぶつかり合う 痛みよりも 愛が勝る 新世界 生き抜く王者 勝者は持つ この∞無限のFire

『SHOKICHI』《ケンチ/啓司/TETSUYA/NESMITH》抗争に歪むスカーフェイス 修羅場だらけの We dem boyz 想像を超えたストーリー さながらWe makin'noise

『SHOKICHI』《亜嵐》映る誰かの眼にも
『SHOKICHI』《大樹》 Fakeをリアルに Changing back
『ELLY』《〃》(Breaking bad)
『SHOKICHI』《全員》けど痛みを知り胸に刻む理念を

《ELLY》Higher…

AKIRA
《ケンチ》
《裕太》
《玲於》
《亜嵐》
《直己》
《岩田》
《世界》

※サビはソロ映像以外全部ステージ
『隆二』壁 破って 起(た)ち上がれ
『TAKAHIRO』(か)け上がる like a phoenix rising
『広臣』自分次第で すべて変わる
『SHOKICHI』呼び覚ませ gonna make it louder
『NESMITH』抱え込んだ one wish 繋いでゆけ one love
『龍友』every day, every night
『涼太』書き換えてく limit
『TAKAHIRO』偽りのない
『隆二』揺るがぬ意志で
『広臣』届くまで gonna take you higher


【後説】

7人が歌ってるので目まぐるしい。なおパフォーマーも16人いるので目まぐるしい。
いやーすんごいメモりながらMV見たよね。バカじゃないの、と思いながらも、これずっとやりたかったんですよ。ハイグラは誰順で出るのか、どれくらい映っているのか。もうね、ELLYのラップの下りで、周りでわちゃわちゃいるメンバーが各グループに分かれてる!!てわかったときには感動したよね。ちゃんと意味があったんだ!あの集団は!!と。
そもそもここまで読んだ人はいるのか、というくらい長いですね。ごめんなさいね。
長過ぎるけど、余談まで続きます。

三代目の優遇されてる感とGENEのさみしい感じとか、メモるとよくわかるねー!もうバカみたいだねぇ、この文章。
こんな23名にハマっています。一人の男を愛せない私は3つの箱推し状態で今年は突っ走ります。
2018年はEXILEが戻ってくる年、各グループの活動は確実に減るかもしれないけれど、ハイローライブみたいなTRIBE総出演ライブもいいかなぁと思いつつ、個々を追うのは2017年が勝負の年であります。


【余談】

そうそう、最近デビューした「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」ですが、メンバーが16名です。
16名…って思ったけれど、短期間で20人近く覚えたから覚えられるよね?でも年齢層が近すぎて見分けが…って言ってたけど、最近ちょっとずつ見分けがつくようになってきたよ、名前覚えるのが大変だよ!ここに記しておきますね(なんで)。

V・RIKU、川村壱馬吉野北人
P・LIKIYA、陣、神谷健太与那嶺瑠唯山本彰吾岩谷翔吾浦川翔平、藤原樹、武知海青、長谷川慎、龍、鈴木昂秀、後藤拓磨

※さすがにwikipediaからコピりました。がんばりまーす。一押しパフォーマーは慎くんです。


想像以上の長文になってしまった。。。。以上です。