突然LDHに沼った人のブログ

全箱推し。一人の男に絞れない女の戯言。

ハイローランド行く人のための初日の感想とか

ハイローランド初日行ってきた。

土曜日も行ってきたので、加筆修正しました(太字)

 

これから行く人向け。でも初日なのでこれからいろいろ改善されていくと思う。
ネタバレじゃなくて注意点て感じです。

よみうりランドは、よみラン
ハイローランドは、ハイラン
と記載します(混乱するので)。

 

よみうりランドについて
(初日は車で行った地元民なので参考にならないかも)
・駐車場は夏場のプール需要に合わせてそこそこある。
それだけ夏場のプールは混むので、夏休みの土日とか不安である
・駅は小田急読売ランド前、もしくは、京王相模原線京王よみうりランド駅
小田急線はバス、京王線はゴンドラで、よみうりランドへ向かいます。徒歩は山道です、やめたほうがいいです。あと稲田堤駅乗り換えは、駅が離れてるからオススメしない。
個人的には京王線オススメ。路線が京王本線じゃなくて相模原線になるから、ちょっとわかりにくいけど、駅からの行きやすさは京王線>>>>>>>>小田急線くらい。小田急線のバス乗り場最高にわかりにくい。

帰りについて、ゴンドラの営業時間は遊園地に合わせているのでハイラン最後までいる人は帰りバスしかありません。なおタクシーは呼べばきます。私は時間的余裕がなかったので今回呼びました。
・ロッカーあります

ありますが!前述したとおり、よみランの営業時間が短いので夜遅くまでいる人は要注意。グッジョバに大きいロッカーあるけれど、よみラン終了後、簡単にとりにいけません。ていうか、スタッフの人についてきてもらいました。すんごい歩きます。大きなロッカーが不要の場合は入園口近くのロッカーのほうがいいと思います。なお駅にもロッカーあります(京王線はすごく少ない)
再入園可能なので車の人は駐車場にいって車に荷物をおきにいきましょう。
・再入園可能です(ハイランは後術)。
・スタンプラリーは入ってすぐにあるので入園券だけで何回も来るのは可能かと(年パスはない、プール時期あるかも。未確定情報。)
・スタンプラリーのスタンプ台がスタンプより小さい
・自販機たくさんあります(値段も遊園地内と考えると良心的)
・喫煙所ありますが、わかりにくいです、灰皿置いてあります。
・よみランは丘の上というか丘陵地帯にあるので起伏が激しいです。歩くと結構疲れます。
・ハイランだけじゃなくてグッジョバとか楽しい(日清カップ焼きそばU.F.O作れるオススメ)
・設備は古いけど、トイレは結構新しい
・日陰ほぼない、夏場は本当に注意
・10時にハイグラ流れてテンション爆上がり
・ずっと延々BGM流れてるわけではなく毎時0分に3曲くらい流れてた。時報かな。


よみラン ハイローコラボアトラクション
・観覧車
空いていれば選べる。希望のチームが来るまで待機できます。ただしがら空きだった場合のみ、と思われます。私はルードに乗りました。
窓が少し開いてるので風が吹けば涼しい
初日はラジオが15時からだった(15時からハイラン行くから無理じゃん!てなった)
・バンジー(友人がやった)
Run This Townが延々と流れてる中で飛びます

※絶叫系恐怖系が苦手すぎるので、ハイローコラボアトラクションは観覧車しか乗ってません。

 

ハイローランドについて

※整理券は初日のみでした。

入る前

・リストバンドは右手首
紙のやつ。 日焼け跡に気をつけような!!(左手首に時計の日焼け跡がある私です)
・待機列暑い
舗装されているところもあるけれど、舗装されてないところもあります。雨が降ると不安しかない。あと日差しを遮るものがないので、晴れたら暑い。

ミネラルウォーター売ってる(200円)、ヒヤロンみたいなやつ(名前忘れた)売ってる(100円)、並んでいる間に氷一粒もらった
・入園前に注意説明あるけど、内容多すぎてよくわからん
→注意説明少なくなってた。でも達磨のおねえさんの声がやばかったので運営どうにかしてあげて
テーブルにも同じこと書いたものが置いてあるのでそこで再確認できる
・飲食か物販か確認される
・飲食の場合は身分証明書
飲酒できるところなので身分証明書の確認がある。写真付きなら一枚でok、写真なしなら2枚必要みたい(保険証とクレカとか?私は免許証のみでokでした)
右手の甲にハンコ押されます。ハンコは汗で消えやすい。消えてもスタッフに申し出ればまた押してくれます。

飲食
・テーブル指定
テーブルは完全に指定、選べない、ランダムで誰かのサインとか書いてある。私は、たて笛尾沢のサインのあるテーブルだったww
・オーダー制
全部オーダー制、席に運んでくれます
飲食はそこそこ早く提供される、とんでもなく遅い場合は忘れられてる可能性大。確認しよう。酒はすぐ来る。
・パラソルが外されるとカラスに狙われる
ステージイベントの前にパラソル外されるんだけど、カラスが誰かのキッシュを奪っていきました。危ない。パラソルあってもカラスは食べ物をとることを学んでいた!頭いい!こわい!食べ物放置には気を付けよう。
・カキ氷のカップは持ち帰り可能
カキ氷のカップはプラスチック。そのほかは普通に陶器の皿とガラスのコップなので持ち帰れないけれど、壇商店で販売してる。持ち帰り用に洗ってはくれない。けれど、トイレ近くに手洗い場があるのでそこで洗って持って帰ろう!
・席は90分制
90分制、終了30分前にラストオーダーがくる。夜は20時ラストオーダー。
・会計に時間がかかるが…
会計の札が来た時、その場でぴったり払えれば時間
かからない。あらかじめ計算しておいて、細かいお金用意しておこうな!お釣りの人、時間かかってた。これ初日よりは改善されてたと思う。
・個人的に
MUGENのカキ氷の食べにくさ!ww
カキ氷、上部を丸くするために固めてるんだろうけど、まー、食べにくいよ。特にムゲンさんはティラミスだからココアかかってるし、まー、食べにくいよ。琥珀さんは簡単に攻略できないんだな、て個人的に思いながら食べた。

マイティのかき氷は最後すんご色になる。かき氷によってはかなり固められているので注意しよう。スプーンが複数必要になったらスタッフに頼めば持ってきてくれます。


物販とガチャ
・ガチャの両替が機械で、よく500円玉切れを起こす
なんでライブ会場の時のように人力両替所じゃないのか謎すぎた。ここはぜひ改善してほしい。改善されないようなら、事前に両替しておいたほうがいい。
→5000円以上はレセプションへ、との記載がありました。
・ガチャの種類多すぎ問題はいつものこと
CLAMP先生のは専用ガチャがあります
・両替とガチャ両方並ぶ(日陰はない)
・壇商店も並ぶ(日陰はない)
・壇商店でクレカ使用可能、ただし一台だけ現金のみレジになっている
・縁日のチケットは壇商店で買う(ただし離れてる)
・檀商店のあらゆるところにメンバーのサインあるよ!

 

全般
・トイレある
仮設だけど水洗。今のところキレイ。手洗い場もある。石鹸と手拭きはない。
・喫煙所ある
よみランの喫煙所はわかりにくいが、ハイランの喫煙所はわかりやすい
・柱とか壁とかあらゆるところにサインある
・基本の撮影は可能、一眼レフも大丈夫、キャスト登壇時のみ完全不可
・チームの曲が延々流れてる
サントラ流してくれたら他の曲も聞けるのにな、とちょっと思った。
→これ!改善されてた!チームソングのみじゃなくて、ハイグラもHell on earthも流れる

 

ハイローミュージアム

入る前
・並ぶところがゴム敷き
ゴム臭いwwwけれど雨降った時とかいいかも。ランド待機列より足元はマシ。ただし、ここも日陰はない。
・入る前に携帯充電必須
ARも撮影するし、いろいろ撮影するんだから充電しておこう
・鬼邪高校購買部て外にあったけど…
中に入れそうもなかった。けれど待機列作れるようになってた。どういうこと。中に入りたいなぁ。今後は何か販売とか考えてるのかな。
・ベビーカー置き場あり

アプリ(かなり要注意)
・AR用のアプリもインストールしておく
wifi設備はないので4Gでインストールした…(通信量…)
sazareというアプリ!アプリインストール用のQRコードが張り出されてた
・sazareというアプリだいぶ要注意
1.GPSをONにする
2.撮影ポイントにつく
3.ハイチーズ的な演出があるのでそこで撮影ポーズをする
↓ここからが注意
4.ARの演出で、カシャッとは言うけど撮影されていません!
5.画面上部右のカメラマークで撮影をする
6.次の画面で、共有マーク(<こんな感じの)を押して、保存、を押す
※ここまでやらないと保存されません!!!
その説明がなかったから三回撮影するために並んだよね…
GPSもカメラへの接続もすべて「許可」しないと保存も撮影もできないので、とりあえず全て許可しておいたほうがいい。
※自分が撮影する前に、前の人でいろいろ練習しておいたほうがいいです…GPSで起動するから自分の番じゃなくても近くなれば認識します

 

ミュージアム内
・逆流可能
AR混んでたら先に進んでもいい。
・ARは三箇所のうち2箇所公開(日替わりなのかよくわからん)
ここもガチャなのか。昨日はMUGENと山王だけ
※内容はネタバレになるので、行ってから楽しんでくれ。座れたり、座れなかったりした。あの基準はなんなのか。

 

ホールについて

・平日はランドに行く道すがらに入口があり、出入り自由
・土日はランドを出て左側の通路を通って…ていう全然別の入口(案内あり)
・ホール内トイレあります

・平日はショートムービー
おそらくら11エピソードあって、昨日は3話だった。ここもガチャなのか。無理(また行く)。
・ホール内、前半分席は背もたれがない。段差がない。
・ホールであってシアターじゃない
ホールのステージにスクリーン貼ってるだけなので最前列は首が死ぬと思う。音もあんまりよくない。
→映画上映の時は前から3列の席は座れないようになってた。そりゃそうだ首が死ぬ
→ここはアシカショーの場所、音はやはりよくなかった
・登壇者イベントは映画上映の前に行われました(開演時には着席しておこう)
・映画は未公開映像結構あるから見て、本当に見てほしい


ハイランにメールしようかな。ていう内容。

・ARのアプリのわかりにくさ
並んでる時、アプリの説明ペラ1(A5サイズ)くらい配るべきかな。本当にわからないし、あれ、保存できてなかった人続出じゃないかな、と。
・席の時間
90分入れ替え制とかにしたほうがいいな、て思った。
待ってる間とかにアトラクション乗れたら、よみランも客入るし、時間無駄にならない。
結局、最初の客が10:00に入るとして次に席が空くのは11:30。90分いないかもしれないけれど。10:00から案内して最後の席案内するまで30分かかったとして、10:30の人は12:00まで。そうなると、最初の案内で入れなかった人は11:30まで1時間は待たなきゃいけないんだよなー、て思った。でもそうすると整理券制度にするのかな、とか運営方法悩むよね、とか考えちゃう、常にオペレーション考えちゃう職業病
・ランド内注意事項の説明
達磨一家の女の子が説明してたけど大変そう。もう少し改善できないかな。数グループまとめて集めて、説明して、説明終わったら、中に入る、とか。どこまでのグループが聞こえて、どこから聞いてないとか大変そうだったよ。テーブルに注意事項あるけど、まぁ、注意守らない人は読まないからな。ディズニーランド形式で、録音した内容を延々流せばいいんじゃないかな。待ってる間、ずっと聞いてるしw


とりあえずいろいろ改善されてるので、よみランにはメールしない。

以上!長くなった!
長距離通勤の時間を利用して書ききった!

土曜日行ってきます!映画のところとかは、加筆します!

 ハイローランド、総じて楽しい。2回行ったけど、また行きたい。いや、行く予定あるんですけどね。1回だけしか予定してないので、足りないね。住みたいね、ハイローランド。

 

twitter からのアクセスがとんでもないことになったので、このブログ書いてる人(私)がブログを開設したのは、↓この記事書きたかったからです…時間あるとき見ていただければ幸い。。。(という下心満載の追記内容)

clovesldh.hatenablog.com

 

 

HiGH&LOW THE LAND&MUSEUM初日(写真リンク)

行ってきた。

今夜疲れ切ったのでレポは後程。

 

取り急ぎ、写真です。

https://flic.kr/s/aHskXdCHMv

MUSEUMのネタバレしたくない人は行ってから見てくださいね。

WILD WILD WARRIORS THE FINAL 最終日参戦してきた

タイトル通り、WWW FINAL3日目参戦してきました。

ライブ参戦はSECONDが一番遅かったのに(代々木が初めて)、結局現場に行った回数は一番多かったです。初めての代々木、勢いで遠征した青森、勢いで参戦した幕張。

LDH事務所推しですけど、それぞれのグループ、それぞれの個性、どれも素晴らしいけれど、ライブ感!一体感はSECONDが一番好き!!

幸い、私の友人が横須賀担当なので、情報もたくさん入ってきますし、横須賀尊い、ネスけじ尊い、とね、まぁ、SECOND沼にもズブズブですよ。LDH沼にズブズブの私に怖いものはない!

というわけで(?)3日目振り返ります。

記憶障害が起きてるので、レポタグ見つつ振り返り。

セトリに合わせて。頭おかしいテンションで書き綴っていきます。あと語彙力が失われているので、お気をつけください。

大阪の友人から託されたプレゼントを手にいざ幕張へ。遠いね。
席はおととい会場図を見たときに、東の最果てだな、ていうのは知ったんだけど、もしや最後列か?ていう列番号。うん、最後列だったwww中途半端に埋もれないからいいのかな、移動とかトイレは行きやすいが。。本当に東の最果てでした。

第一の目的、無事プレゼントBOXへの投函が完了!第二の目的は後述。
トイレ並んでる間にLINE的映像お遊びは終了、席に戻ったら、

00.DJ ソルジャタイム
ありがとうソルジャ。全公演、盛り上げてくれてありがとう。初の延長タイムでした。あまり詳しくないので誰のどの曲かわからなかったけどライブ前の準備運動(?)にはもったいないレベルでした!
昨日、TETSUYAの好きな曲!のときに、これケンチも好きなんだけどね、みたいなくだりがあって、横須賀🙏ていきなりぶっ倒れそうになりました。

そして会場暗転

01.WILD WILD WILD
こんな!毛皮と王様椅子が似合う人たちはいるんでしょうか!
この登場で一気にテンションMAXだけど、感情が昂りすぎて泣きそうになった。曲の記憶がない、もう泣きそうで記憶がない。

02.YEAH!!YEAH!!YEAH!!
YEAH!YEAH!YEAH! ランペちゃん登場です!YEAH!(テンション壊れる

03.ASOBO!feat.Far East Movement
この曲のランペちゃんとの絡みが好きすぎる。てちや先生のハクションリアクション、は?て顔して、かわいいー!って心の中で叫んだ。

04.One Time One Life
セカンドさんたちを知った思い出深い曲。HiGH&LOW家村会のキャラソン。
そして入れ替わり立ち替わりのパフォーマーソロタイム。今日も横須賀は横須賀でした(腰グリグリで死んだ)。

05.HEAD BANGIN’
女性ダンサーズ登場!フー!!今日もかっこいいよー!!(好きな曲だけど、記憶が抜け落ちてる。たぶん頭バーンってなったんだと思う)

06.DJ
さて衣装替えをするぞ、のタイミングでDJ ソルジャタイム!
最初の5曲で死ぬほど疲れるので、ちょっとした休憩ありがたい。水分補給な。

07.Choo Choo TRAIN
みんなで熱唱できるSONGてすごい大事だと思うんですよ。参加してるみんなが知ってる曲。彼らがEXILEなんだなー、て改めて思うこの曲。ノリノリでいたところ、リミックス死ぬ。。死ぬてか、死んだ。なんですかあのリミックスは。あとここからお衣装がピンクスーツ。ちょーーー!素敵!テロンテロンの素材で、後ろにキラキラセカンドロゴ。ちょー!素敵。

08.LA・LA・LA LOVE SONG
女性ダンサー選ぶけえたんの姿💯💯💯💯💯💯
ここから女性ダンサーズとの絡みが増えますが、こんなの序の口です。
始まり、序章に過ぎませんので。

ここで、TETSUYA先生のタップダンスコーナー!
で、ここで注目すべきは柱に隠れてますけど、ケンチさんですよ!!青森で目撃したTETSUYA完コピ事件。幕張でも見たいと思いつつ、ここは東の果ての果て。ステージなんて、真ん中の上(TETSUYA氏)しか見えないと思っていたのに!!なぜか!!柱に隠れてるケンチだけこの目で見た…見えた…そしてまた完コピしてた🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏🙏

幕張での目的が完全に達成された…
もう双眼鏡はカバンにしまってフラッグとタオルだけにして集中するぞ!!!

09.I Wish For You
10.September
11.Together
ここでTAKAHIRO登場。会場の歓声がやばい。
生たー様!たー様!たー様!
このサプライズゲストは予想外だったなぁ。いやはや、まさかTAKAHIROが拝めるとは思わなかったよ。しかもTogetherだよ、博多座かよ!!博多座円盤化するなら、このオーラスも円盤化お願いしまあああす!
たー様のせいでその前の2曲記憶がない。全部記憶が飛んだ。

12.Interlude
この演出で一気に大人モード全開になるよね。。ここまでの笑顔たくさん!楽しい!感じから一気に大人。

 

13.Missing You
色気全開バラード!センターステージで踊るケンチが相当かっこいい。この時のソロダンスすごく好き。
からのシャツやぶり芸!!
この36公演でやぶったタンクトップは216枚だと。すげーなw歌いながら破くネッさんが一番大変だったんじゃないかな。。てちや先生が一気に破れなかったり、とか。代々木初参戦のとき、この演出知らなくて、ちょうど双眼鏡でてちや先生見てる時に破りだしたから、双眼鏡投げ捨てそうになった(ストラップつけてて本当に良かった)

 

14.let it go
朝だ…←WWWの映像見せた友人が放った名言
そう、やぶり芸後の上半身裸から、この白シャツ羽織りは完全に朝。
なのでさっきの曲は夜。みんなの白シャツの着方の違いがさー、もうさー、最高なんだよ(説明になっていない)
けーたん毎回ボタンとめて腕まくりするんだけど、踊ってるとボタンとれたりするんだよ。ケンチとアキラはもう、羽織るだけですね。シャツ…羽織るだけ。

15.DIRTY SECRET
そしてまたすぐ夜になります。

けえたん!!!!アイリーンちゃんとの!絡み!これ!初見の代々木は死んだ。この!幕張で!全然見えない席なのに、このアイリーンちゃんとの絡みが一番近い(といっても遠い!)花道だった!最後の最後に肉眼で見れた!!何度見ても死ぬ!(ゼェハァゼェハァ)
そして曲が始まっても絡みが止まらない!なにこれ!最高!!SECONDさん!これですよ!SECONDさんの真骨頂!18禁ライブ!
あとこの曲のときのお衣装最高ですね。ケンチさんのノースリーブハイネックとハット。なにあれ、最高です。

 

16.FRONTIERS
17.Lightning
SECONDの色気過多で息も絶え絶えになったところでTHE RAMPAGE登場。フゥー!このままSECONDのターンだったら私、鼻血出てたわ。で、休むわけではなく、ランペちゃんフゥー!ほくちゃあああああああああん、と北人をずっと追ってしまう私であった。このFROTIERSの煽る感じのパフォーマンスすごく好きだし、広い会場でまたやってほしい。
パフォーマータイムで、最初ランペのみんなおぼられるかな?って思ってたけれどさ、23人を覚えたあとの16人はいけたよね、いけるいける。舞台裏とか週エグとか見てたら覚えた覚えた。まことー!いつきー!フゥー!ってなるわけですよ。でも結局ボーカル贔屓の私は、ほくちゃあああああああああん、ってなった。ランペパートは以上です。

18.BACK TO THE FUTURE
19.Don't Stop the Music
しょうちゃんのソロタイム。ドラムを打つ姿ていうか、鎖。鎖ですよ、上半身裸に鎖。オラつきがひどい、けれど、はぁかわいい、という言葉しか出てこない…お衣装の膝がね、膝が出てるの気になるBBA。

しょうちゃんMC
会場からの声、ききとれず、きになる、ていうくだりがね、本当にね、もうね、かわいいんですよ。さきほど上半身裸に鎖つけてた人ですか?鎖の人ですか?ていうかわいさでした。
あ、聞き取れましたね、「キャプテンも!」でしまね。
母の日、お母さんきてます、フゥー!
みんなおかあさん?なわけないでしょ、のくだりもかわいい。はー、本当にピュア吉と名付けたい。八木ピュア吉(長男)。

20.青の日々
声、映画館にも届くかな、ていう昨日の発言。
本当ね、映画館にも届いてましたからね。
生声、たまらんですね。

 

21.The One
I believeで泣きそうになる。一緒に歌って、心の中では泣いた。心の中で嗚咽。

 

22.イノチノリズム
しっとり泣ける場面から一転、楽しい時間の始まりだよー!!
DEPゲスト参戦。SHIZUKA嬢は今日も盛り上げ上手♪いやー、10月のDEF楽しみすぎる!!チケットとりましたからね!!

 

23.Beautiful Angel
母に、照れる、ネッさんいいひと。いいひとオーラがすごい。ピュア吉といいひとのボーカルコンビていうのがね、良いんですよ。オラオラしてそうな見えますけど、この2人がボーカルだからね。ギターひいて歌うネッさんの周りを女性ダンサーが一人踊るの。この演出とても好き。なんか、MV見てるみたいな気分になる。美しい。

 

24.Perfomer Show
パフォーマーターーーーイム!!
語彙力がないので、言葉ではうまく表せないんだけど、ただただかっこいい(小学生の感想)。

25.THINK'BOUT IT!
この時の会場のライティングが本当に最高。ミラーボール、レーザービーム、すべて最高。ここから始まる後半の流れが本当に一瞬。会場一体感も最高。疲れとか吹き飛びますよ!!

26.SURVIVORS feat. DJ MAKIDAI from EXILE
本物MAKIさんきたー!
人形なかったから、これはきた!!て思った。
最終日くらい本物MAKIさんこないかなー、て思ってたからすごくうれしかった
あとケンチが棒に足をからめてるのすごくポールダンサー(最高です)。
今日はネッさんもポールにさわってたけど、基本触らずピョンピョン飛んでるの体幹がすごい。イケメンメリーゴーラウンドもね、サビになると高速化するんですよ。そこでポール持たずに跳ねるネッさんすごいなー、て思ってると、ポールダンサーが登場する。わけわからん。回転ステージ最高!

 

27.24/7 Cruisin'
LL BROTHERS登場!
この曲、アルバムの中で一番好きだから、ファイナル公演で追加されて本当にうれしかった!!!!
もうこの曲の振り付けすんごいかわいい。また見たいから秋ツアーでもやって。ほんと、かわいい。

 

28.Mo Bounce
far east movement登場!
DJブースのところでみんながガヤガヤやってるのとても好き。とても楽しそう。みてて嬉しい。FEMはASOBO!でのコラボも見たかったなぁ。一曲だけじゃもったいない!てかASOBOが好きすぎるので、BPMのやつ思い出すよーー!またやってー!

 

29.CLAP YOUR HANDS
たー様、ランペ登場。TRIBEで歌う。Secondだけで歌うほうがいいんだが、もう今日はたー様いるから良い。もういいんだよ、歌わせてくださいよー!
今日も宮崎コンビ最高でした。撃つ啓司、撃たれる芝居の北人🙏🙏🙏😇😇😇😇🙏🙏🙏🙏
これを青森で肉眼で見た時は膝から転げ落ちたけど、今日もバッチリカメラがおさえててくれました。本当に感謝しかない。ありがとう。

 

30.Going Crazy
今日もまわせ~♪朝まで~♪
今日ももちろんしょうちゃんからタオルない人は上着とか脱いじゃって、ていう発言がって、はいはいはいはい、脱いだ。ケンチ今日も脱いだ。しょうちゃん今日も水かけられてた。最高。わんこ。にゃんこ顔なのにわんこ。
EX Familyの人がステージの演出、嫌いじゃなけれど、みんなのパフォーマンスが見たいんじゃー!ってなる(真顔)みんなが楽しそうならいいです(仏顔)。

―アンコール―

 

01.Shut up!!Shut up!!Shut up!!
登場は東からだ!!て思ったんだけど、東の果てからはちょっと見えない東の扉から登場であった。。
SSSの始まる前の演出すんごいかっこいいよね。るいくんだけ髪の毛出ててすぐわかる(うぷぷ)て思いながらも、いろいろ見てしまう。はー、観客に乱暴に絡むあきらとけーたん、はー、つおい。オラつきがつおい。

 

02.SUPER FLY
オラつき強めのSSSのあとにね、これですよ。
この曲の導入部分の舞台裏最高。何が最高って、けえたんがビンタされてヘラヘラしてるところ。いやー、最高でしょ。何度見ても最高だよ。あとお衣装が良いよ!!お衣装!!

アンコール一旦終了。

ここで、お知らせ。
DEF!日程発表!
新曲配信決定!
これは昨日発表されたから、あー、はいはい、て感じで

次に謎のアニメーションが始まる。
ミニセカンドちゃんたちによる寸劇。
声がなぜか紙兎ロペ風。

私は何を見させられたのか。。。

集合!
ケイジのそういうとこ好きだよ!
寂しいよーで泣くしょうちゃん
リーダーが泣いちゃう
泣かないで
リーダーからの、

2017年秋アリーナツアー決定!!

最後の方は会場から、え?え?うそ?えー!きゃー!ぎあーーー!の声でセリフとか聞こえなかったw
いや、まさか、アリーナツアーあるとは!そしてここで、こんな狂気のアニメーションで発表とは、もはや、頭バーン!ですよ!

あのアニメーションもう一度見たい。
内容が狂気じみてる。見せてくれ。。何度も見たい。

からの、6月発売のSUMMER LOVERの宣伝。
ほうほう、知ってる知ってる。

てか、アリーナツアーかー、秋かー、いつかなー、て考えてたら、

サマラバ本日初披露!ドーン!

ぎゃーーーーーー!うあーーーーーー!

03.Summer Lover
お衣装!💯💯💯💯💯!
夏爽やか!みんなお揃い!しょうちゃん帽子!ぎゃー!かわいい!!!ダンスかわいい!!サマラバ♪サマラバ♪サマラバ♪サマラバ♪

04.RAY
寂しい。寂しいよぉ。
絶対ここで泣くよぉ。て思ってたけど、
またアリーナツアーやってくれるんだよね、よかった、また会える。またみんなのパフォーマンスが見れる!よかった!!!また会おう!!また来る!!!!!


と心に誓う、多幸感に溢れたWWWツアーファイナルでした。

RAYの時のパフォーマー挨拶はだいたい全部ぶっとんでる。
てちや先生と一緒に寝たのは覚えてる(言葉に語弊がある)。

寂しかった。THE ONEらへんは本当にさみしかった。I believe〜♪て熱唱するところで、込み上げてきて本当に泣きそうになった。
けれど、次のアリーナツアーあるって聞いたから頑張れる!頑張る!

今年はLDHにどっぷりだってキメてるから、他のグループと日程かぶったりするかもだけど、ライブはSECONDが一番だよ!今年の秋も参戦するよ!!!はー、楽しみ。そして楽しかった。


3時間半。
終電に間に合わないと事前に判明していたので、近場に宿をとりました。
フォロワーさんと話したり、最後のグッズ売り場見たり、ガチャはできなかったけれど、楽しい楽しいライブでした。

私に残ったのは次のツアーへの希望と、右腕の痛み…そう、3時間半ほぼ振り続けた右腕はもうすでに筋肉痛みたいな感じになっていました。

次の現場にむけて、足も腕も痛くならないように鍛えよう。


アルバム BORN TO BE WILDに本公演は収録されてるので、みんな見ればいいよ。18禁ライブ。本当最高だから。

HiGH&LOW THE LIVE 演者の総出演時間を算出してみた

タイトルからしてバカっぽい。いや、バカだ。

でもゴールデンウィークに入ったら絶対やろうと思っていたテーマである。

そして、今日3時間集中してやってみた。

 

 

まずは、

HiGH&LOW THE LIVEの舞台監督にハムを送りたい。いや、ハムレベルの話じゃない。あの50枚のパネルの動きとか、通しリハできずに本番とか、もうね、いろいろ頭おかしい(褒めてる)演出の連続でした。4時間のライブ、飽きもせずに何度も見れてしまうのは出演者数が多いからという理由もあるけれど、あの演出のおかげですよ。ありがとうございます。

私がこのLDH沼にハマったきっかけはHiGH&LOW THE MOVIEではなく、THE LIVEなのです。俗に言うザラ。ザムじゃなくてザラです。私はこれでズブズブと沼に陥ったのです(だから今でもライブ参戦ばっかりしている)。

ほぼ4時間のこのライブ、演者の待ち時間が長かったとは聞いているが、みなどれくらい出演しているんだろうか、と気になったので調べてみました。

 

では、発表!

ライブパフォーマンス合計時間 3:51:18
※ムービー出演除く
※曲合間の演出時間含む
※エンディングの挨拶タイムは全員に加算
※バックダンサー除く

【総出演時間順】

1位 山下健二郎 1:17:01
2位 登坂広臣 1:11:23
3位 ELLY 1:11:04
4位 今市隆二 1:06:58
5位 白濱亜嵐 1:05:26
6位 岩田剛典 1:04:22
7位 小林直己 1:04:05
8位 NAOTO 1:03:39
9位 数原龍友 0:56:08
9位 片寄涼太 0:56:08
9位 関口メンディー 0:56:08
9位 中務裕太 0:56:08
9位 佐野玲於 0:56:08
9位 小森隼 0:56:08
15位 TAKAHIRO 0:53:50
16位 VERBAL 0:51:51
17位 黒木啓二 0:50:20
17位 SHOKICHI 0:50:20
19位 DJ DARUMA 0:49:28
20位 佐藤大樹 0:48:26
21位 DJ MAKIDAI 0:46:20
22位 橘ケンチ 0:46:17
22位 TETSUYA 0:46:17
22位 NESMITH 0:46:17
25位 AKIRA 0:43:36
26位 世界 0:37:02
27位 E-girls 0:32:46
28位 THE RAMPAGE 0:32:30
29位 佐藤寛太 0:26:45
30位 ACE OF SPADES 0:24:39
31位 SWAY 0:24:19
32位 青柳翔 0:19:20
33位 KUBO-C 0:18:37
33位 P-CHO 0:18:37
35位 GS 0:18:09
36位 SAMURIZE 0:18:08
37位 KAZUKI 0:15:01
38位 町田啓太 0:14:28
39位 鈴木伸之 0:14:06
39位 八木将康 0:14:06
39位 秋山真一郎 0:14:06
42位 ANARCHY 0:13:18
43位 小澤雄太 0:11:30
44位 ZEN 0:11:25
45位 JAY'D 0:07:36
46位 早乙女太一 0:06:19

 

ダンさん!いつもコブラに負けてたけれど、ライブの出演時間はTOPですよ!

ダンさんに伝えたい。広斗にも勝ってるのよ!!

山下健二郎が一番長かった理由はあの寸劇。寸劇タイムが長かったので、臣ちゃんに勝てました。臣ちゃんはACE of SPADESとアマチェンのソロタイムがあったので。全体的に三代目メンバーが上位にいるのは、持ち歌タイムが長かったのと、後半戦出ずっぱりだったので。

GENERATIONSは亜嵐くん以外は横並び。亜嵐くんはマイティメンバーなので。マイティーメンバーの人は所属グループの中でも出演時間長め(ELLY,SWAY,ALAN)。

下位の人たちは基本歌わない人ばかりなので致し方ない。JAY'Dは歌うけれど持ち歌が一曲だけだからね。

出演時間は短いけれど、あらゆるところに出演してて休み時間が少なかったと思われるのがDOBERMANの皆さんとTHE RAMPAGEのみんな。ランペなんて暗くしか映ってないのとかもあったからね。

 

待ち時間が長くて~とラジオとかで聞いたけれど、たしかに!待ち時間長いですよね!!ていう構成でしたね。改めて知る出演時間。普通に持ち歌のときはもちろんのこと、ちょいちょい演出があるので、そこで出てきたり、衣装替えたり、裏方は壮絶だったんだろうな、と思いました。

 

【出演時間以外のデータ】

・参加曲数最多

 ELLY 17曲 三代目とマイティで曲数多め

・参加曲数最少

 早乙女太一 0曲 劉としての演出出演のみ
 ZEN 1曲 RUN THIS TOWNのみ
 JAY'D  1曲 Hell On Earthのみ

・グループ別曲数

 EXILE TRIBE 2曲
 EXILE THE SECOND 6曲
 三代目 J Soul Brothers 8曲
 GENERATIONS 3.5曲(1曲はTHE RAMPAGEとの共作)
 THE RAMPAGE 1.5曲(1曲はGENERATIONSとの共作)
 E-girls 3曲
 DOBERMAN INFINITY 2曲
 ACE OF SPADES  4曲
 その他(ソロ、V・A) 11曲
 ※CLAP YOUR HANDSはSECONDの曲としてカウント
 ※Unbreakableは0.5×2としてそれぞれのグループに加算

映画のLIVEなのでいろんなコラボ曲とか多くてその辺が11曲になりましたが、やはり三代目の8曲が際立つ。ジェネとランペの作品はそれぞれ0.5として加算しました。あの曲一番好き!

 

と、まぁ、約4時間、歌いまくって踊りまくるHiGH&LOW THE LIVE

あなたも気になってきたでしょ?

 

このデータを作るために作成したエクセルデータのスクショおいておきますね。

f:id:cowlovesLDH:20170505030424j:plain

f:id:cowlovesLDH:20170505030435j:plain

もはや仕事ww

 

このブログ書くのに1時間かかったから、結局4時間なんだな。。。。寝ます。

地方遠征ノススメ。

1ヶ月以上ブログ書いてなかったら、ブログ書きませんか?とメールが届きました。

丁寧というかウザいというか。

 

大丈夫ですよ、順調にLDHヲタに育ってますので。

 

2016年10月3日

HiGH&LOWのライブビューイングに行って以来、LDHにズブズブなんですが

 

2016年11月30日 横浜アリーナ

GENERATIONS 

 

2016年12月18日 福岡ヤフオクドーム

三代目J Soul Brothers 

 

2017年2月9日 代々木体育館

EXILE THE SECOND

 

2017年2月19日 京セラドーム

三代目J Soul Brothers

 

2017年4月22日 青森盛運輸アリーナ

EXILE THE SECOND

 

あとは来月の幕張メッセですね。

ライビュも載せると

2016年12月25日 新潟朱鷺メッセ

GENERATIONS

2017年2月24日26日 ヤフオクドーム

三代目J Soul Brothers

てな感じで、

だいぶズブズブですね。

 

現場5回のうち、3回が地方遠征。

 

三代目は東京ドームのチケット取れるわけねーだろ!!ていう倍率が予想された、というかまだハマって間もない頃だったので、先行すら申し込まず、最初から福岡バルコニー席を狙って、んで追加公演に関しては、東京がなかったのと大阪の友人を誘ったので大阪を選択。

Secondは代々木とれたけど、もう一度見たい気持ちが爆発して、青森ていう狭いところで見たいていう気持ちで2回目は青森。

 

LDHにハマる前から

旅行大好き

海外観戦大好き

な遠征?国内なら近い!

みたいな、距離感が頭おかしい人なので、LDHも必然的に遠征へ。

 

(海外観戦で一番頭おかしかったのは三連休だけでドーハ行った。3日あれば海外は余裕だ)

 

三代目のチケットとるとき、迷わず福岡を選択したんだけど、

周りの人から、初めてなのに?え?て言われましたよ。

いや、福岡でしょ?近いでしょ?東京とれないから最初から福岡狙うでしょ?

てね。

 

福岡はご飯美味しいし、友人いるから会いたいし、ご飯美味しいし(大事なので二回目)。

 

とにかく地方遠征はご飯が楽しみ!!

 

自転車観戦で培った全国の友人網を駆使して美味しいものを食べつつ、ライブも楽しむ!旅行もライブも楽しめて一石二鳥!!!

 

1人飛行機は大嫌いだったけれど、海外観戦で貯めたマイレージを有効活用!そして1人飛行機慣れてきました。福岡も青森も飛行機よ。

 

 

福岡は

土曜朝入りして、博多天神ぶらぶら、夜は友人とご飯

日曜は昼から友人と糸島で牡蠣小屋、夕方からライブ

月曜朝一の便でエクストリーム出社

 

大阪は

土曜午後入りして、夜は京都で友人とご飯

日曜は昼から大阪の友人とカラオケでテンション高めてワッフル食べて、夕方からライブ、夜軽く飲んで

月曜朝一の新幹線でエクストリーム出社

 

青森は

金曜夜入りしてその日は即就寝

土曜朝から市内観光ぶらぶら桜の花見、昼から友人と現地合流して寿司、そしてライブ、夜は焼肉

日曜朝から美味しい朝食、昼便で帰宅

 

ライブ!観光!ご飯!楽しい!

 

 

ただデメリットもある。

 

ライブ会場で

ふくおか!ふくおか!

て何回も叫んで、わし福岡の人間かな?と錯覚しましたが、違いましたね。

九州ネタぶっこまれてもわからん。

オーサカ パリピポ プチョヘンザ!

と言われてもオーサカ パリピポではない。

そこはね、やはり横浜アリーナが一番楽しい。横浜の人間じゃないけど、我が神奈川ですからね。

 

費用の問題。

チケット代10,000円としよう

交通費と宿代で30000円くらい

なんだかんだいって50,000円は出て行く計算

 

たとえば、三代目の東京ドームのチケットが手に入らない、しかし某チケットサイトで50,000円出せば手に入りますよ、さあどうしますか?

と言われても私は福岡を選ぶ。50,000円で得られるものが全然違うわよ。

 

遠征は1グループにつき一回まで、とか、なんかマイルール決めないと本当、破綻するので、今年後半はちゃんと考えよ。。

 

お金はかかるけれど、メリットは!

 

アリーナクラスだと関東より確実に狭い

代々木で見えなかったものが青森では肉眼で見れる。しかも良席じゃなかったのに。

 

メンバーでその地方出身者がいると、結構盛り上がる

まぁ関東も関東のメンバーがいるけどまた違うな。Secondさんの九州公演とか北海道公演行きたかったですよ。ジェネの大阪公演とか行きたいよ。

 

会場から近いところに泊まるので帰りが楽

神奈川民なので東京さいたま千葉は遠い。特にさいたま千葉の遠さ。今度の幕張は泊まります。ただ会社帰りにいけるのはありがたいよね。横アリ最高。帰るの最高に楽。

 

あと私が東京から出発するので、もしかしたらメンバーと一緒の交通機関とかありえるかも。

 

と妄想してたら、ありました、青森行きの飛行機で一緒でした(死

 

 

結論。

 

 

自宅と会場の近さより推しと自分の近さ

 

 

 

 

 

ドームとかアリーナとかホールなんて全然知らなかったのに、どんどん詳しくなってる私がいます。

 

脱衣要員増える。

最近書いてなかったんですけど、

ジェネの新曲発表、三代目のJSBLの発表、ザラ発売、ランペ新曲発表、とね、立て続けすぎて無理でした(何が)。ザラはスマプラ対応様様で、すでに3周目です。ザラ最高。ザラは最高すぎるので、先におジェネの新曲を。

 

太陽も月も。

https://youtu.be/eAeETjZY-NM

 

ワールドツアー発表後、第一弾のシングルのタイトルが日本語だったのは予想外。え!?そこ、日本語くる!?sun and moonじゃないくて、太陽も月も!?

てなったわけですけど

もうね、そんなことどうでもいい。

MVはあの!メンバーがルームシェアしてた!あの!LAロケですよ!あれで撮ったんですよ!!

 

メンバーがルームシェアとは…

GENERATIONSのメンバー7人がLAでお仕事していた時に、部屋(家?)を2つ借りて過ごしていたんですねぇ。

年長組の、龍友、裕太、メンディーの家と、年少組の、亜嵐、涼太、隼、玲於の家がありまして、instaとトラモバに様子がちょくちょくupされてたやつです。

定点カメラで撮影したドキュメンタリーはまだですか!!

LAロケドキュメンタリーは次のアルバムにつくよね?ねぇ、つくよねぇ!?!?

と荒ぶる心を抑えて、いざ、太陽も月も、を鑑賞です。

 

 

 

なんだこれは。

90年代アニメ主題歌臭がいつにもましてすごい。あとアイドル臭がする。

 

作詞 小竹さん。いつもLDHと仲良し小竹さん。

作曲 Hikari, Hani, Dejo

このHIKARIさんがですね、ジャニによく曲を提供してる方なんですよ!だから!私が好きに決まってる!(日本語がおかしい)

 

 

寄くんのパンダサングラスの似合わなさ、と好対照な似合いすぎ龍友、ていうね、このツインボーカルが最高すぎる。

と、ついついボーカル贔屓なので、ボーカルに目がいってしまいますが、

 

佐野玲於

 

シャワー…

 

上裸にシャツ…

背中…筋肉…

 

上半身裸(勝手に略して上裸)にシャツ羽織るのは反則だって!セカンド兄さんのライブで言ったでしょ!!

 

GENERATIONSの裸要員はメンディーだけかと思ってました。違ったわ。

 

三代目も直己が裸要員かと思いきや、岩ちゃんも脱ぐよね。

 

あ、牛、覚えた。

KRUMP人は脱衣要員。

 

ねぇ、隼担当生きてる?

ベッドに寝て待つ隼とか大丈夫?永遠の孫なはずなのに、ベッドで寝て待つ肩幅でかい男とか大丈夫?

 

太陽と月、だから、明るい自分と暗い自分ていうコンセプトで2パターン登場してるんだけど、メンディーの月バージョンいいな、メンディーは暗い感じの強めがいいよ、明るすぎちゃうとバラエティ感でるんだよな、ちょっと俯いてるくらいがカッコ良い。

 

メンバー的には一番地味と思われる裕太ですけど!スタイルいいし、俯いてる視線がさー、いいよ。

龍友くんはちょい前髪伸びてる感で、それでセットされてるのいいよいいよー、と親戚のBBAみたいな感じで画面見ながらしゃべってた。

寄くんは途中、見下す視線あるでしょ!!あーーーあーー寄ーーあーー、てなった(意味不明)

亜嵐くんは、太陽の時の髪型が好き!とても良い!

 

て、私、視線と髪型しか言ってないね。あと、俯いてる視線大好物ですね、認めます。

 

はやくパフォーマーソロ部分見たい。発売がまだまだ先なの、はよ!!そして春フェス当たらなかったから、なかなか会えません!はやくツアー日程を出してください!!

 

最高です!なんで関東ローカルなんだよ!はやく全国放送してください!!キレ気味のGENERATIONS初冠番組については、また今度。

 

 

ツアーファイナルとグランツール最終日は似てる

ツアーファイナルという最終日

 

登坂車線を、とさかしゃせん、と呼んでしまう程度のLDH脳の筆者です。

 

毎年グランツールの最終日、
あぁ今年もジロが終わった、ツールが終わった、観戦しきった、という達成感とともに、明日の夜はテレビをつけてもレースがやってない、という喪失感に襲われる。
特にツールが終わると、ほぼシーズン終了のような感覚になり、最終日はテレビ中継の時間の関係もあって、翌日に有給休暇をとるぐらいだ。

 

DVD発売日に有給休暇を取得して見るってwwと笑っていたが、その気持ちが少しわかるような気がしている。

 

さて、タイトルにある通り、新しい趣味であるライブ観戦もツアーファイナルという最終日が存在する。

初めて参戦した時、あー!翌日も行きたい!という初めての感覚に襲われ、レースと違って毎回同じ内容…じゃないな!同じじゃない!同じライブは二度と訪れない!という発見をして感動した。
次はいつ行けるかなぁ、と日程とチケットを確認して取れそうだったらとれる、最終日はライブビューイングやってくれるだろう!という事前知識をもとに、次のライブを楽しみに行きていくのだ。

 

しかしツアーファイナルは次のライブがない。


そう、グランツールと同じ。


明日以降、日程とチケットを確認することもないし、公演がある日は必ず更新されてた舞台裏動画も静止画もない。そのツアーは終わりなのだ。

来年のグランツールはある。でもその選手が来年も出場できるとは限らない。
音楽グループも、来年もツアーがある人もいる、でもグループによっては来年のツアーがあるかわからない。

もうレースは見れないのか、もうライブは見れないのか、という寂しさと喪失感がとても良く似ている、と昨日感じた。

 

12月にツアーファイナルを迎えたGENERATIONS
途中、HiGH&LOW THE LIVEのため中断もあったが、4月から行ってきた2016 アリーナツアー SPEEDSTERが終わった。
私がLDHにハマり始めたのが10月で初参戦は11月末で、ライブビューイング参戦がファイナルの12/25で。たった2ヶ月ちょっとだったので、
あーもう一度見に行きたかったなぁ、来年もあるっぽいこと話してたけど、アリーナなのかな、どれくらい公演あるのかな、チケット取れやすいのかな?
くらい、知らないことだらけで、喪失感というほどでもなかった。


けれどTwitterのTLを見てると、
来年もGENEに会えるけど、もうSS(SPEEDSTERの略)のGENEには会えない。SSが終わってしまったー!朝からSSロス!といったような声が聞こえた。

ただここは福利厚生がしっかりしてるLDHさん、なんとツアーファイナル3日後に本公演(名古屋)を収録したLIVE DVD&Blu-rayが発売されたのだ。

 

12/25 ツアーファイナル(追加公演) in 新潟
12/28 DVD&Blu-ray発売
1/1 2017WORLD TOURとアリーナツアー開催決定のお知らせ

 

この一週間でこの流れ。なんなんだ。寂しさとはどこへやら、ツアーの日程を!ツアーの日程を!との声がTLからあがる。
私は旅行から帰国してBlu-rayを見て、あー本公演も行きたかったなぁ、またやらないかなぁ、いや今年もアリーナツアーやるんだ、でとSSはやらない、SSのGENEはもう二度と見れないんだ、と今さら喪失感を味わう。Blu-rayで何度も見ることはできるけれど、スポーツ観戦も過去の試合を振り返る癖があまりない私は、やはり生観戦を欲していた。

 

ツアーがあるのはわかった。でも場所も日程もわからない。
夏に発売されるアルバムを引っさげてのアリーナツアーだから夏からか?秋からか?WORLDてどこいくの?前回と同じならパリ、ロンドン、今回こそロサンゼルス、ニューヨーク?台北と香港はあるな、で日程は?

 

ツール・ド・フランスが開催されるのはわかってる!誰が!誰が出るの!!状態である。
日程とコースの発表が開催前年の10月にあるのは非常にありがたいな、と思った。
最近、自転車に比べて、パスポートいらない!翻訳いらない!最高!とばかり言っていたが、コースと日程に関しては、ありがとうツール、旅行日程と飛行機と宿抑えは早くできる。ま、どの選手が出場するかはギリギリまで、わからないけどね。

 

そして昨日ツアーファイナル(札幌振替除く)を迎えた三代目J Soul BrothersのMetropoliz(略してMP)。
SSと違ってツアー初日から4ヶ月ずっと追ってきて、12月福岡に初参戦し、クリスマスの例の事件を乗り越え、年が明けて追加公演が始まり、大阪にも参戦し、LVも二回参戦した。
SSより参戦してきたし、チェックしてきた、思い入れは強いはずなのに、そこまで喪失感がなかった。
札幌振替があるからか?今年の冬にMP続編ドームツアーがあるってわかってるからか?

 

三代目は出場確実視されているプロチームであり、スター選手なのである。
よし、来年もある、今年の感じからするとナゴヤドームならチケットは確実に取れる!行けるぞ!みたいな感覚なのである。札幌も行きたいしな。
GENERATIONSはプロコンチチームのスター選手なのである。まだ売り出し中の彼ら、出場はするだろう、の予測の元、来年もツアーあるよね、という安心感はあるけれど、チーム移籍かな?みたいな不安があるレベル(自転車知らない人にはなんのこっちゃ)みたいな感覚なんですよ!!
EXILE THE SECONDは、ベテランだから、いつ引退する時期があってもいい選手、だから今!見れる時に!見ておかなきゃ!感が強い。特に来年はEXILEが復活する年だから、ベテランとしてプロコンチチームに所属し、その安定感のある走りに魅力されたけれど、最後は古巣のプロチームに戻ってエースのアシストをするような(うん、わからん)。


そう、だから
きっと参戦数は少ないけれど、SECONDのツアーファイナル時の喪失感はすごいんじゃないかな、て思う。特に昔から追ってたファンは、やっと!単独ツアー!やったー!でも終わる…そして来年は大本営EXILEだよね?単独やるのかな?大丈夫かな?もしかしたら最初の最後とかやめてね、みたいな不安感に襲われるんじゃなかろうか、と。

 

スター選手が好きな時代もあった。来年のツールは勝つぞ!(チームが出場することも選手として出場することもほぼ確実)ていう気持ちで、今年負けた悔しさを晴らすぞー!と一年待つのだ。引退はいつか訪れる、それはスポーツ選手にとって宿命であり、覚悟はしてる、けれどスター選手として一番輝いてる時ってそんなこと思いもしなかった。


新人選手は出場できるかわかんないけど、出場できなかったら、チーム移籍とかもあるけれど、来年もまた出場したいよね、そのために小さなレースもコツコツと。そしてツールに出場できるように応援する。
単独イベントてなかなかないから、単独じゃない音楽イベントを見に行って満たされ、そして彼らがドームに行けるように応援する。似たような構図だと思ってる。


ベテラン選手は言わずもがな。チームは出場する、けれどアシストだから活躍するかわからない。今は彼のためのチームじゃないのだ、逃げ集団に入って活躍することもある、歌うことも通常はない、けれどたまに歌える。それって、でもエースとして活躍してきた経験があるからこそできるものなのかな、思える。SECONDのvocalはエースになった、と言えるのだろうか。

 

いつか終わりはくる。


昨日のMPの挨拶で臣ちゃんが言ってた。
それは祖父が亡くなったていうのがあっての発言だよね、てTL上では言ってたけど、完全に自転車と相まって拗らせている私は
本当にいつか終わりはくる。
て思ってる。引退も解散もある。
MPの札幌振替も続編もある。けれど、いつか見れなくなるその日が来ることを覚悟して、全力でライブ参戦していきたいと思う。


長い間ファンをやっていると、新人、そしてエース、そしてベテランとしてのアシスト、そして引退。全部見てきた選手がいるけれど、彼の引退ほど辛かったものはなかった。そして空いてしまった穴を埋めるかのように、新しい選手、いや、趣味に没頭する毎日である。